【 ピ ン ク 映 画 不 屈 宣 言 】


今年8月に閉館した成人映画館・新橋ロマン。

その新橋ロマンに橋本愛が通って、ピンク映画(独立プロが製作する低予算の成人映画)やロマンポルノ(日活が製作していた成人映画)を見ていたことが話題になりました。

一部のひとは奇行と見ていたようですが、そうではないでしょう。

女優として真剣に日本映画に学ぼうとするのであれば、これらの成人映画を無視するわけにはいきません。

日本の成人映画が目指してきたものは、単なるエロではなく、性という観点からとらえた人間ドラマでした。

また、ピンク映画やロマンポルノはすぐれたスタッフ・キャストを世に送り出してきました。たとえば、『おくりびと』の滝田洋二郎も、『舞妓はレディ』の周防正行もピンク映画で監督デビューしていますし、大杉蓮のキャリアもピンク映画出演から始まっています。


私たち、関東の「PG」と関西の「ぴんくりんく」は、20年以上、観客の立場からピンク映画を応援し、情報を発信し続けてきました。

ピンク映画の始まりは1962年と言われています。そこで、2011年、私たちは協力し、「PGぴんくりんく」として「ピンク映画50周年記念作品」を企画しました。

監督をお願いしたのは、渡辺護。ピンク映画の黎明期から活躍し、職人監督として撮影所の映画に負けないすぐれた作品を作り続けてきたひとです。

私たちの依頼に渡辺監督は「わかった。やろう」と即答し、ピンク映画の新しい基準となるものを撮ると宣言しました。

しかし、準備に入った2013年11月、渡辺監督は倒れてしまいます。検査の結果、末期がんであることが判明。12月24日に亡くなりました。

この時点で私たちは「ピンク映画50周年記念作品」を製作すべきかどうか迷いました。しかし、渡辺監督の「井川が撮れ。映画を完成させろ」という遺志を尊重し、脚本を書いた井川耕一郎氏を監督に製作続行を決めました。

こうしてできあがったのが、ピンク映画ならではの奇妙なスワッピング・コメディ『色道四十八手 たからぶね』です。


現在、ピンク映画を取り巻く状況は厳しくなっています。最盛期にピンク映画は年間200本以上製作されましたが、今は40本程度です。

そのため、ピンク映画関係者からは、「50周年記念」という趣旨に対する賛同は得られても、そこから先の具体的な協力に関する話まではなかなか進みませんでした。

そこで、私たちは自主製作・自主配給でやっていくことを決意しました。しかし、それこそ、「ピンク映画50周年記念」にふさわしいのだと今は思っています。配給会社からの発注で独立プロが製作するというのが今のピンク映画ですが、その始まりにおいては、まさに自主製作・自主配給だったのですから。

また、ピンク映画界でもデジタル化が進んでいますが、私たちは35mmフィルムで撮ることを選びました。フィルムでなければ表現できない色と光の豊かさを求めたからです。


私たちの試みは反時代的に見えるかもしれません。

しかし、私たちはここから新たなピンク映画が始まるのだと考えています。

『色道四十八手 たからぶね』を何卒よろしくお願い申し上げます。


  PGぴんくりんく:太田耕耘キ(ぴんくりんく)・林田義行(PG)




ちなみに「a−SP」とは all Special Pictures という意味です。


2009/01/31
「 エルマガジン Lmagazine 」が2009年2月号(No.407/2008年12月25日発売)で休刊しました。

 悲しいです。。。

当然ながらコラム連載「18金の小窓」も最終回を迎えました。 またいつか、どこかで…。



2008/05/30
「 エルマガジン Lmagazine 」 7月号 400号 より ピンク映画コラム「18金の小窓」復活!!
なんと4年半ぶりの奇跡的な復活です。
末永く続きますよう、皆さまのご購読、応援よろしくお願い申し上げます。



2007/05/28
「 エルマガジン Lmagazine 」 6月号 387 を最後にピンク映画紹介のコーナーが終わる…。
7月号から30周年記念リニューアルだそうです。とほほほ…。
連載復活希望のお便りを是非エルマガ編集部へ。



2007/01/19
「毎日新聞」1月13日・夕刊 第10面 「喜々快々 人ひとめぼれ」というコーナーで紹介されました。



2006/09/25
「関スポ KANSPO」が9月22日発売分(28号)をもって休刊となりました。
またしてもピンク映画コラム連載がなくなってしまい残念、無念…。



2006/07/25
「 エルマガジン Lmagazine 」 9月号 378 より ピンク映画紹介のコーナーが始まる!!
映画館スケジュール欄に付随する「 こんげつの シネマ・トレジャー・ハンティング 」という中で
一般映画に混ざってピンクも1本ご紹介。 さりげなく画期的!かも。
これまたいつ終わるか分かりませんので、どうぞ、どうぞ、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。



2006年6月29日
「日刊ゲンダイ」(金曜発売分)に連載していたコラム「カブリつきピンク映画館・関西」が終了しました。
突然の休止連絡にへこんでいます。連載復活希望のお便りを是非ゲンダイ編集部へ。

「関スポ KANSPO」(第2第4金曜発売・150円)誌上での「大人映画館Z 指定席R-18」は連載中!
どうぞよろしくお願い申し上げます。



2006年4月11日

昨日4月10日をもちまして(神戸)CINEMAしんげきを退職いたしました。
かねてからこのサイト上でのCINEMAしんげきに関する情報・案内は、いっさい無償で作成しておりました。
(通信料、プロバイダ料金も一切もらっていません)
にもかかわらず、劇場支配人から、「インターネットでの案内はするな!」との指示が昨年11月にありました。
無料で劇場の宣伝をしているわけで、継続を申し出ましたが、明確な理由もなく、断られました。
ワタシとしても退職するにあたり、これ以上のサイト制作は困難と判断し、この度中止することになりました。




2005年9月29日
「関スポ メントレ」にて“ピンク映画コラム”が復活!
10月14日(金)発売の号からです。
ぜひぜひ、よろしくお願い申し上げます。
・・・今度はいつまで続くのか?!




2005年6月1日
「関スポ KANSPO」が5月末で休刊してしまいました…。
連載期間3ヶ月、本紙の発行も半年間という短命。あぁ…、仕事下さい。

mixi
(ソーシャル・ネットワーク・サービス)を始めました。
加入されている方探してみてください。(名前おーた)




2005年3月29日
日々の生活に追われ、なかなかここのページの更新できません…。

「関スポ KANSPO」(毎月第2・4金曜発売)にて「大人の映画館 指定席R-18」という
コラム連載が始まりました。
関西で上映中のピンク映画紹介と毎回1人のピンク女優さんについて解説してます。
定価150円。タブロイド・サイズでコンビニなどで売ってます。
どうぞよろしくお願いします。



2004年9月16日
日々の生活に追われ、なかなかここのページの更新できません…。
昨年末に「エルマガジン」でのコラム連載「18金の小窓」が突然の打ち切り以来
連載の仕事がなかったのですが、ようやく…

「日刊ゲンダイ」にて毎週・金曜(発売分)に「カブリつきピンク映画館・関西」という
コラム連載が始まりました。(関西版にしか載ってないと思います)
いつまで続くか分からずヒヤヒヤしながら書いてます。
どうぞよろしくお願いします。
たいていどこの駅でも売ってます。タブロイド紙/120円



2004年9月8日
ラジオ関西「谷五郎のOH!ハッピーモーニング」に朝10:15頃、十数分出ました。
聞かれた人いますかね??