(トップ画面に戻る)
 
今年もやってます! PTA = PINKY Title Awards 2016
 <ピンキータイトル賞2016> 投票ありがとうございました! 結果発表は5月1日!


☆昨年1年間に公開されたピンク映画(新作/改題)のなかで、最もインパクトのあった『 作 品 題 名 』を決めます。
 映画の内容は関係なく、あくまで「タイトル」そのものだけが選考基準! 映画観てなくても投票できます。
☆「タイトル」だけ見て思わず観てしまった映画、まだ観ていないけど是非観てみたいと思う「タイトル」、秀逸なピンク映画の「タイトル」、バカバカしすぎる「タイトル」、エロすぎる「タイトル」……などなど、お気に入りの『 作 品 題 名 』を1本選んで是非投票して下さい!
☆どうしても1本に絞りきれない場合は、2作品まで投票OKです!

 <ピンキータイトル賞2016>  応 募 方 法!!

☆対象作品の中から「作品名」1本または2本を記入して下さい。
 (3作品以上書かれたものはすべて無効です)
 1本のみは2点、2本は各1点で集計します。合計得点の最も 多かった作品が、最優秀<ピンキータイトル賞>です。
☆Eメールでご応募下さい
 【締切】 投票は締め切られました

☆投票はお一人様1回(お一人1票)のみです。
※本人確認ため、[氏名(本名)]、[年齢]、[性別]、[住所(都道府県)]、[Eメール・アドレス]を必ずご記入下さい。
 (不正な投票とみなされたものは無効です)
◎いただいた個人情報は、本投票の集計・分析、本人確認 以外の目的では一切使用せず、厳重に管理します。
☆投票にあたっての選考ポイント、昨年ご覧になったピンク映画の感想などのコメントもできるだけご記入下さい。

 『 ピンキータイトル賞2016 〜対象作品〜 』(全50タイトル)
 ◆2016年度・初公開『 新 作 タイトル 』(監督名)
 [オーピー映画 配給」
痴漢電車 淫コースは夢いっぱい! (小山悟)
 熟☆ギャル☆白書 極楽仁王勃ち (渡邊元嗣)
ボインのお宿 熟女大宴会! (加藤義一)
 やわ乳太夫 月夜の恋わずらい (荒木太郎)
女教師の秘密 縛ってあげる… (吉行由実)
 陶酔妻 白濁に濡れる柔肌 (国沢実)
淫欲開花! 魅惑のラブハウス (池島ゆたか)
 さまようアゲハ 蜜壺トロトロ (榊英雄)
純情濡らし、愛情暮らし (竹洞哲也)
 汗ばむ美乳妻 夫に背いた昼下がり (城定秀夫)
変態芸術 吸いつく結合 (山ア邦紀)
 演歌の女 乱れ慕情 艶景色 (関根和美)
裸の劇団 いきり立つ欲望 (榊英雄)
 大人志願 恥じらいの発情 (竹洞哲也)
巨乳OLと美乳人妻 〜北へ向かう女たち〜 (加藤義一)
 溺れるふたり ふやけるほど愛して (荒木太郎)
萌え盛るアイドル エクスタシーで犯れ! (国沢実)
 性辱の朝 止まらない淫夢 (山内大輔)
めぐる快感 あの日の私とエッチして (渡邊元嗣)
 聖なるボイン もみもみ懺悔室 (加藤義一)
悶える義妹 遺影の前で抱いて (竹洞哲也)
 色慾怪談 ヌルっと入ります (荒木太郎)
巨乳水着未亡人 悩殺熟女の秘密の痴態 (清水大敬)
 性愛スキャンダル コケシと花嫁 (池島ゆたか)
失恋乱交 ツユだく姉妹どんぶり (竹洞哲也)
 淫暴の夜 繰り返す正夢 (山内大輔)
恋するプリンセス ぷりんぷりんなお尻 (吉行由実)
 美人妻覚醒 破られた貞操 (関根和美)
昇天の代償 あなたのいない夜 (小川欽也)
 巨乳VS巨根 〜倒錯した塔愛〜 (山ア邦紀)
人妻漂流 静寂のあえぎ (山内大輔)
 特務課の星 蜜乳コスプレ大作戦!! (渡邊元嗣)
性鬼人間第一号 〜発情回路〜 (国沢実)
 巨乳だらけ 渚の乳喧嘩 (加藤義一)
弱腰OL 控えめな腰使い (竹洞哲也)
 こくまろオッパイ かきまぜられた私(池島ゆたか)

 ◆2016年度・再公開『 改 題 タイトル 』(監督名)
[新日本映像 配給]
ザ・シニアSEX 新妻白肌いじり (坂本太)
 ドロドロの人妻たち −痴漢と不倫の果て− (佐々木乃武良)

[新東宝映画 配給]
家族の欲情 うずいて濡れた秘部 (深町章)
 診察室でFUCK! 姉妹看護師 (佐藤吏)
人妻Gスポット たまらない快感 (愛染恭子)
 ワイセツ家族 PartT やりまくり母と娘 (池島ゆたか)
エロ風俗 やらせてむさぼる女たち (深町章)
 痴漢電車 さわらせたい女 (神野太)
人妻 悶絶いけにえ (橋口卓明)
 ワイセツ家族 PartU 巨乳嫁の性欲 (池島ゆたか)
絶倫不倫 ギンギラギンにいやらしく (深町章)
 野獣の性欲 姉妹絶頂 (廣田幹夫)
裸の未亡人 淫らな肉体 (小泉剛)
 ワレメの誘惑 あそこの具合 (深町章)


■ピンク映画の場合、公開タイトルの決定権は監督にはなく、配給会社がつけます。ほとんどの作品は撮影時の脚本タイトルと異なっています。
■「改題」というのは、初公開時とはタイトルを変更して、再公開するピンク映画独特のやり方です。本編内容はまったく同じで、題名のみが付け替えられ、ポスターも作り替えます。
■新作は YouTube に各[予告編]があがっています。


  ピンキータイトル賞2016への投票まことにありがとうございました! 結果発表までお待ち下さい。


 (トップ画面に戻る)