京都  本 町 館 本文へジャンプ
● 上映案内 ●


1月18日(金)~1月24日(木)


谷ナオミ 縛る

新東宝映画 1977 [R18+]
監督:渡辺護/脚本:高橋伴明/撮影:柳田友春/照明:磯貝一/録音:ニューメグロスタジオ/音楽:とべないアヒル/編集:酒井春二/美術:白岩次郎/効果:秋山効果グループ/現像:東映化学(株)/助監督:関多加志/制作主任:宮本明/製作:新東宝興業
出演:谷ナオミ 鶴岡八郎 下元史朗 美川真弓 葉山英子(=日野繭子) 小港タカ(港雄一氏のご息女)
□偉大なるポルノ女優は数々おられ、大変悩ましいが、誰か一人をあげるならば、谷ナオミさんだろう。1979年『団鬼六 縄と肌』(西村昭五郎監督)を最後に引退してから、一切公の場にでなかったのも、伝説の女優として語り継がれることに拍車をかけた。(近年にはテレビ出演もされたが) そんな大女優を作り上げたのは、巨匠・渡辺護監督の演出力によるところが大きい。そして本作は女優・日野繭子のデビュー作でもあります。



激撮 日本の緊縛

新東宝映画 1980 [R18+]
監督:渡辺護/脚本:小水一男/撮影:久我剛/照明:近藤兼太郎/録音:銀座サウンド/音楽:飛べないアヒル/編集:酒井正次/記録:前田郁子/演出助手:樋口修二/効果:中野忍/現像:ハイラボセンター/助監督:平川弘喜/製作:ワタナベプロダクション
出演:日野繭子 岡尚美 下元史朗 市村譲 中川夕子 堺勝朗 武藤樹一郎 小島和人 杉佳代子 港マユミ 楠正道 袋三平 豊島六男
□これぞピンク映画、不朽の名作!! 渡辺護監督&小水一男(=ガイラ)脚本という一時代を築いた黄金コンビ。いや、ヒロイン・日野繭子をくわえてのピンク映画最強の黄金トライアングル!!! 時代を超えて三役を演じる日野繭子さんの熱演がスバラシイ! この機会に是非、劇場スクリーンでもう一度ご覧下さい!
#ワタナベマモルは終わらない



ザ・恥毛と縛り

Xces Film 2010 [R18+]
(初題:剃毛緊縛魔/1992)
監督:池島ゆたか/脚本:五代響子/撮影:下元哲/照明:田端功/録音:銀座サウンド/編集:酒井正次/現像:東映化学/撮影助手:中尾正人/照明助手:広瀬寛巳/スチール:佐藤初太郎/助監督:小野智之/企画:劇団セメントマッチ/製作:BREAK IN
出演:北野ほたる 小泉あかね 渡辺千尋 しのざきさとみ 山の手ぐり子 大沢裕子 伊藤清美 芹沢一路 川崎浩幸 池島ゆたか 平賀勘一 山本竜二
□来る2月2日(土)・3日(日)に神戸映画資料館(神戸・新長田)にて開かれる、池島ゆたか監督作品/新東宝ピンク映画ラスト・フィルム・ショー。上映作品は『超いんらん 姉妹どんぶり』(1998年)、『超いんらん やればやるほどいい気持ち』(2008年)。ミスター・ピンクを名のる俳優兼監督の池島さんだが、本作『ザ・恥毛と縛り』は監督第3作目。1948年生まれなので、44歳の時の作品。脚本題は「La Cage …檻…」 とくとご覧あれ!

【開映時間】
   谷ナオミ 縛る 11:15/2:25/5:35/8:45 (~9:45 終映)
   ザ・恥毛と縛り 12:20/3:30/6:40
激撮 日本の緊縛  1:20/4:35/7:40






1月25日(金)~1月31日(木)


田園日記 アソコで暮らそう

2018新作・関西初公開 OP映画 [R18+]
監督:竹洞哲也/脚本:当方ボーカル/撮影監督:創優和/録音:山口勉/音楽:與語一平/編集:三田たけし/整音:吉方淳二/スチール:阿部真也/助監督:菊嶌稔章/協力:深澤浩子/制作応援:MASATO/制作:Blue Forest Film
出演:白木優子 南涼 横山みれい 水野直 細川佳央 折笠慎也 津田篤 イワヤケンジ
□2019年1月は、竹洞監督の新作が2本も上映!! こちらのヒロインは絶対的美熟女優・白木優子さん! 父親が脱サラして田舎暮らしを始める4人家族のお話。 父:水野直、母:白木優子、双子の姉:南涼、弟:細川佳央 の長崎家。白木さんの不倫相手は、イマイチぱっとしない俳優(あくまで物語の設定です)の津田篤くん。農業指導をする地元農家のイワヤケンジさんらサブキャラたちもイイ味だしてます! 南涼ちゃんスクリーンデビューです!
< 予 告 編 >



巨乳マッサージ しびれて絶頂

OP映画 2013 [R18+]
監督・脚本:清水大敬/撮影:井上明夫/照明:瀬尾進/録音:シネ・キャビン/編集:酒井正次/スチール:山岡達也/助監督:関谷和樹/製作:大敬オフィス
出演:青山菜々 柏木もえ 愛代さやか 三沢亜也 なかみつせいじ 竹本泰志 山科薫 清水大敬 サーモン鮭山
□わりと最近の映画だと思ってましたが、もう5年以上前の清水組。皆さまご存じの通り(?)ダイケー監督の映画はけっこう独特なのですが、今回は監督の義理・人情テイストが上手く作用していて、イイカンジに仕上がってますよ! とにかくIカップ美巨乳の青山菜々ちゃんを見ているだけで癒されます!



肉体保健婦 フェロモン全開!!

Xces Film 2005 [R18+]
(初題:白衣のおばさん 前も後もドスケベに/1997)
監督:浜野佐知/脚本:山﨑邦紀/撮影:田中譲二/照明:秋山利夫/録音:福島音響/音楽:中空龍/編集:フィルム・クラフト/現像:東映ラボ・テック/スチール:岡崎一隆/助監督:加藤義一/製作担当:鈴木静夫/企画:稲山悌二/製作:(株)旦々舎
出演:鮫島レオ 青木こずえ 悠木あずみ ジョージ川崎 竹本泰史 田中あつし
□保健婦…ってあまり聞いたことがないような。学校における保健室の先生のようなもので、大きな会社の中にある保健室の人。医師でもないし看護師でもないが、その立場と出で立ちからは、女医さんのような、看護婦さんのような、セクシーなことを想像してしまいます。90年代の旦々舎どエロ時代末期の作品です。この後くらいから浜野監督は一般映画にも進出。





★Ameba(アメーバ)ブログの「ぴんくりんく」のページでも上映案内しています★
 (携帯からはこちらをどうぞ)

◆当日の上映案内は、「京都新聞」の映画案内にも毎日掲載◆