京都  本 町 館 本文へジャンプ
● 上映案内 ●


1月12日(金)~1月18日(木


ヤリ頃女子大生 強がりな乳房

2017新作<関西・初公開> OP映画 [R18+]
監督:竹洞哲也/脚本:当方ボーカル/撮影監督:創優和/編集:三田たけし/音楽:與語一平/録音:山口勉・廣木邦人/整音:吉方淳二/協力:恩田真弓/監督助手:平田圭一/撮影助手:酒村多緖・杉田陽介・木村風志郎・佐藤京郎/スチール:阿部真也/助監督:江尻大/製作:Blue Forest Film
出演:若月まりあ 優梨まいな 石川優実 櫻井拓也 山本宗介 可児正光 津田篤 那波隆史 吉田俊大 山口真里 森羅万象 工藤巧馬
○今年前半に公開された『レンタル女子大生 肉欲延滞中』(竹洞監督)に続く“女子大生シリーズ”第2弾というか、昨年の『大人志願 恥じらいの発情』(竹洞監督)から考えると、“若月まりあの学生シリーズ”第2弾というか…。まぁどっちにしても、筆者が勝手に“~シリーズ”と言ってるだけですが。。。もちろん演技力があるからこそなんですが、若月まりあチャンとか櫻井拓也くんて永遠に大学生っぽいですよねぇ。
< 予 告 編 >



痴熟女 Gスポットの匂い

Xces Film 2006 [R18+]
(初題:お姉さんのONANIE/1993)
監督:浜野佐知/脚本:山崎邦紀/撮影:稲吉雅志/照明:秋山和夫/音楽:薮中博章/編集:(有)フィルム・クラフト/ヘアメイク:斎藤秀子/録音:銀座サウンド/現像:東映ラボ・テック/スチール:佐藤初太郎/助監督:女池充/制作:鈴木静夫/製作:(株)旦々舎
出演:国見真菜 柴田はるか 緒坂あきら 栗原良 ジャンク斉藤 平本一穂
○バブリーな90年代感バリバリの、キレイなお姉さんのオナニー特集。浜野監督&山﨑脚本コンビがギンギンにエロかった頃の一本。あの頃から四半世紀が過ぎ、女性用のオナニーグッズもずいぶんと種類が増え、オシャレなものがたくさん出ている今日この頃。今も昔も女性のオナニーを見るのはイイもんです!



濡れて開く 制服を犯す

新東宝映画 2012 [R18+]
(初題:北村美加 巨乳艶熟/1988)
監督:浜野佐知/脚本:山﨑邦紀/原案:小多魔若史/撮影:稲吉雅志/照明:出雲静二/編集:金子編集室/録音:銀座サウンド/現像:東映化学/助監督:鬼頭理三・武沢忠/製作:(株)旦々舎
出演:北村美加 秋本ちえみ 徳大寺笙子 小多魔若史 山﨑邦紀 池島ゆたか 石部金吉 斉藤修
○元・エロ本編集者のヤマザキ監督の脚本ならでは、というストーリー。出演している小多魔若史(おたまじゃくし)氏はプロ痴漢師でエロ漫画家という、今ではこの肩書きすら放送禁止というか、何かしらで捕まるというか…。まだこの国がおおらかだった頃のお話し。1988年は日活ロマンポルノが終わった年で、それはエロメディアの主流がピンク映画時代からアダルトビデオ時代に移り変わった年でもある。。。

【開映時間】
濡れて開く 11:20/2:35/6:00
ヤリ頃女子 12:20/3:40/7:00
痴 熟 女  1:35/4:55/8:10 (~9:10 終映)






1月19日(金)~1月25日(木)


人妻ドラゴン 何度も昇天拳

2017新作<関西・初公開> OP映画 [R18+]
監督:吉行由実/脚本:吉行由実・小田歩/アクション監督:小田歩/撮影:藍河兼一/編集:中野貴雄/録音:大塚学/整音:西山秀明/監督助手:増田秀郎・村田剛志/撮影助手:赤羽一真・真木千鶴/アクションスタント:翔空手道スタントティーム・北岡剣山・北岡あい/ポストプロダクション:スノビッシュ/協力:松岡邦彦・泉正太郎/スチール:本田あきら/助監督:江尻大/製作:オフィス吉行
出演:二階堂ゆり 和田光沙 冴島エレナ 岡元あつこ(友情出演) Nick Puma 柳東史 竹本泰志 Mark Chinnery 樹カズ 泉正太郎 白石雅彦 Eduardo Ferrada Nicolas Alexis Sergey Viasov Iolanda Santos 国沢実
○なんだかよく分からないが、このスゴいタイトルから面白そうな予感がプンプンするでしょ?! しかも吉行由実 脚本・監督作品とくれば、これを観ないわけにはいきません! 脚本とアクション監督の小田歩さんは、空手道の本当に凄い人。本格的アクション&ポルノ映画なのです! それにこのキャスティング、なんと国際的なことでしょう。男優主演が外国人!Nick Puma(あれ柳さんは?!) そしてヒロインはピンク映画初登場の二階堂ゆりチャン。カラテの道着もブルース・リーばりの黄色いトラックスーツもよくお似合いです!
< 予 告 編 >



熟母の本能 一滴残らず欲しい

Xces Film 2009 [R18+]
(初題:股がる義母 息子の快感/2001)
監督・脚本・編集:北沢幸雄/撮影:千葉幸男/照明:高原賢一/音楽:TAOKA/録音:シネキャビン/現像:東映化学/スチール:佐藤初太郎/助監督:城定秀夫/製作:IIZUMI Producution
出演:美波輝海 山咲小春 笹原りな 小泉博秀 なかみつせいじ 樋口大輔
○高校3年の受験生・小泉博秀と父親・なかみつせいじ。そこに若くてきれいな義母・美波輝海さんがやって来て、義理の息子と…というお話し。樋口大輔と笹原りなは息子の友だちと彼女ということでワンポイント・カラミ。なかみつさんの愛人役の山咲小春ちゃんが可愛すぎる!! 山咲さんまたピンク出て欲しい! 北沢監督もまたピンク撮ってほしい!



色情下宿妻 締め具合

Xces Film 2006 [R18+]
(初題:本番下半身/1994)
監督:池島ゆたか/脚本:五代響子/撮影:稲吉雅志/照明:隅田浩行/録音:シネキャビン/編集:酒井正次/現像:東映ラボテック/製作担当者:柴原光/助監督:高田宝重/企画:セメントマッチ/製作:オフィス・バロウズ
出演:平井由美 吉行由美 清川鮎 山ノ手ぐり子 黒沢俊彦 神戸顕一 池島ゆたか
○池島ゆたか監督・第14作目という初期作品。脚本タイトルは「猫を飼う」 かけ出しのカメラマン(黒沢俊彦)と、小説家を志す男(神戸顕一)と、ネコと呼ばれる美少女・平井由美。二人の男とネコのちょっと不思議でエロい共同生活。なんかいろいろと懐かしい物語。映画『あげまん』(伊丹十三監督/宮本信子主演)は、1990年に公開され大ヒットしました。

【開映時間】
色情下宿妻 11:20/2:35/6:00
人妻ドラゴン 12:20/3:40/7:00
熟母の本能  1:35/5:00/8:10 (~9:10 終映)






1月26日(金)~2月1日(木)


美少女剣士 月に向かっておシゴキよ!

2017新作<関西・初公開> OP映画 [R18+]
監督・脚本・音楽:清水大敬/撮影:井上明/照明:ジョニー行方/録音:荒木俊一/殺陣師:上岡敬助・清水大敬/着付け:戸山文代/撮影助手:宮原かおり・亀山大和/照明助手:葉山昌堤/スチール:田中幹雄/助監督:森重久彌/制作進行:花椿桜子/制作:大敬オフィス
出演:さとう愛理 円城ひとみ 白咲ゆず 松井理子 里見瑤子 三沢亜也 野村貴浩 なかみつせいじ 森羅万象 橘秀樹 永川聖二 太三
○まぁたいていの人はピンときていらっしゃるでしょうが、一応ご説明しておきますと… 90年代に大ヒットしたTVアニメ「美少女戦士セーラームーン」(漫画原作:武内直子)というのがありまして、そのヒロイン=セーラームーンの決めゼリフが「月にかわって、お仕置きよ!」でした。ええ、そうです、何もかもダジャレです…(苦笑) おシゴキする方のヒロインは、ピンク映画初登場!さとう愛理ちゃんです。天涯孤独の身で、なかみつせいじ・松井理子 夫婦のもとで元気に暮らしていたところ、そこへ突如現れた女優のお姉さん・円城ひとみサン!……さてっどうなりますことやら!
< 予 告 編 >



やらしいボディー 穴が性感帯

Xces Film 2006 [R18+]
(初題:巨乳・くらいつく/1992)
監督:浜野佐知/脚本:山崎邦紀・藤村薫/撮影:河中金美/照明:秋山和夫/音楽:薮中博章/編集:(有)フイルムクラフト/ヘアメイク:木下浩美/録音:銀座サウンド/現像:東映ラボテック/スチール:岡崎一隆/助監督:高田宝重:青柳一夫/製作:鈴木静夫/製作:(株)旦々舎
出演:吉沢あかね 今井聖子 千秋誠 杉本まこと 芳田正浩 久須美欽一 山本竜二
○グラビア・カメラマンの久須美欽一さんや、事務所社長の杉本まこと(=なかみつせいじ)さんらで、ミスコン優勝者の女子大生・吉沢あかねチャンを色々エロくして売り出そう!という感じのお話。そこにはやはり浜野監督ならではのミスコン批判の意見も込められているようで…。ラスト、曲は「愛人形になりたくて」で吉沢あかねデビュー!
…ということで、2018年1月は「浜野佐知監督・強化月間」からはじまり、はじまり~!



八神康子 熱い湿地帯

新東宝映画 2008 [R18+]
(初題:八神康子 ONANIE/1985)
監督:渡辺護/脚本:吉本昌弘/撮影:志村敏雄/音楽:飛べないアヒル/挿入歌「ひとり寝のララバイ」唄:八神康子/照明:森久保雪一/編集:鵜飼邦彦/助監督:藤本邦郎
出演:八神康子 山本あゆみ 村松透 斉藤雅史 田中悦子 早瀬かおり 板倉啓介
○世の中には様々なナントカ女王というのがありますが、八神康子さんはビニ本の女王であり、SMの女王であり、そしてなんと言っても“オナニーの女王”と呼ばれたのは彼女が一番最初ではないでしょうか。80年代のAV時代初期にオナニーもので時代を牽引しました。そんなビッグネームの女優を巨匠・渡辺護監督がどう料理したか、とくとご覧あれ!




★Ameba(アメーバ)ブログの「ぴんくりんく」のページでも上映案内しています★
 (携帯からはこちらをどうぞ)

◆当日の上映案内は、「京都新聞」の映画案内にも毎日掲載◆